×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

COLOMBIA

Top Image

Agardiente コロンビアの焼酎

コロンビアの地酒としてサトウキビの蒸留酒"Aguardiente"がある。
中南米地域には似たようなお酒が各地にあり、ボリビアのシンガニやペルーのピスコなどは葡萄を原料に作られる蒸留酒がある。
コロンビアのAgardienteはサトウキビを原料とし蒸留したものにアニス(八角)で香りをつけたものでアルコール度は25%〜29%位だ。
なぜこれを私が焼酎と呼ぶかというと、名前のAguardienteはAgua(水)+Arder(燃える、焼ける、燃え立つ)からできている。まさしく焼ける水で焼酎ではないだろうか。

コロンビアでは、県毎に銘柄酒が有りご当地へ行かない手に入らないものもある。10年前にBogotaに住んでいたときは、殆ど他の県の銘柄を見ることは無かったが、今ではスーパーで各地の地酒を買うことができる。最近は、Light(ライト)やSin Asucar(砂糖無)などのバリエーションも出てきている。
日本でもコロンビア食材店やコロンビアレストランなどで売っているが1本が1万円近くもする超高級酒になっている。これは酒税や関税のせいだろう。
瓶は375mlや750ml、大五郎なみの大瓶まである。また最近は紙パックのものも出ていて、250mlや1リットルパックもあり、好みで楽しめる。

Page Top

Agardiente 飲み方

日本で言うところのお猪口の様な小さなグラス、Copitaで飲みます。クリスタルのものもあれば、使い捨てのプラスティックタイプなどいろいろあります。
色は無色透明で、香りはアニスの独特の香りがあります。初めての人は、このアニスの香りで好き嫌いが分かれます。でも最近は日本でも独特の香りを有する芋焼酎がはやりなので、好きになる人も多いのではないかと思います。
小さなCopitaにいれ、一気に飲み干します。好みによってレモン果汁やオレンジ果汁を絞る人もいます。
おつまみには、バナナを揚げたPataconや豚の皮を上げたChicharronなどが良く合います。
copita
そのほか、Carajilloや、Canelazoなどのカクテルもあり美味しいです。Carajilloはコーヒーにリキュールを入れたものです。スペインではブランデーを入れたりしますが、Aguardienteものも独特です。また、Canelazoも国により作りかたや材料が違うようですが、コロンビアのものはAgua de Panela(赤砂糖を溶かしたもの)とシナモン、アグアルディエンテ、レモン果汁を入れたものです。CarajilloもCanelazoも暖かい飲み物で、寒く冷え切ったときや風邪気味のときに飲むと、一気に体が温まります。

Page Top

Agardiente 銘柄

Nectar-Cundinamarca クンディナマルカ県

Nectar 首都Bogotaを有するクンディナマルカ県は”Nectar”という銘柄です。赤ラベルがオリジナルですが、青、緑のラベルもあります。青はLight、緑はSin Azucarです。
アルコール度
 オリジナル:29度、緑:24度、青:29度
醸造:Empresa de Licores de Cundinamarca



Antioquenho- Antioquia アンティオキア県

Antioquenho コロンビア第2の都市Medellin(メデジン)を有するアンティオキア県は"Antioquenho"(アンティオケーニョ)です。好きな銘柄の一つ。香りとまろやかさが違います。
アルコール度:29度
醸造:Fabrica de Licores de Antioquia



Antioqueno EXTREMO - Antioquia アンティオキア県

Extremo 私の好きな銘柄アンティオケーニョのEXTREMOというのを見つけました
ボリーバル県のサンタマルタに旅行に行ったら、アグアルディエンテもロン(ラム酒)もアンティオキア県産が沢山売られていて、その中にExtremoが入っていました。
ハーフボトルで$10,250はちょっと高い部類かも知れません。アルコール度も高めです。

 アルコール度:35度
 醸造:Fabrica de Licores de Antioquia

Anisado - Magdalena マグダレナ県

Anisado マグダレナ県のサンタマルタにて購入しました。サンタマルタでマグダレナ銘柄のアグアルディエンテを聞いて回ったのですが、殆どの人は知りませんでした。この地はラムやウィスキーを飲むようでアグアルディエンテは殆ど飲まないといっていました。
同じ場所で上のアンティオケーニョExtremoが1万ペソ近くするのに、これは$3,750と3分の1の値段です。
さて、どんな味がするのでしょうかね。アルコール度も10%と異様に低いです。
 アルコール度:10度
 醸造:Casa Vinicola del Sindamanoy


Cristal-Caldas カルダス県

Cristal カルダス県は"Cristal"です。クリスタルもSin Azucarがあります。
カルダス県とキンディオ県、リサラルダ県を結ぶ三角地帯はコロンビアのコーヒー地帯と呼ばれています。カルダス県はViejos Caldasというラム酒も作っており、ファンが多いです。また、Caldiというコーヒーリキュールもあります。これはご当地に行かないと手に入らない。カルダスはコロンビアの九州でしょうか、いろいろな美味しいお酒を造っています。
アルコール度
 オリジナル:29度、Sin Azucar:30度
 醸造:Industria Licorera de Caldas

Blanco-Valle バジェ県

Blanco コロンビア第3の都市、Cali(カリ)を有するバジェ県は"Blanco"。バジェ県には日系社会があり、日本人移住者も最初はサトウキビ栽培に携わりました。一時期は下火になったものの最近はバイオディーゼルの影響もあり、またサトウキビ栽培が盛んになってきています。
このBlancoは隠れたファンが多い、まろやかな飲み口が特徴かな。
 アルコール度:29度
 醸造:Industria de Licores del Valle

Llanero- メタ県

Blanco Blancoに次ぐ好きな銘柄です。最近はBogotaでは見かけることが少なくなってしまった。まろやかな飲み口です。スーパーではなかったので空港で購入しました。なんと、醸造はBlancoと同じValle酒造が作っていました・・・。これで好きな銘柄はValle酒造と言うことになるのかな。
 アルコール度29度
 醸造:Industria de Licores del Valle

Tapa Roja-Tolima トリマ県

Tapa Roja Tapa RojaはTolima県の銘柄。
Tapa Rojaは前に住んでいたときはBogotaでは見たことが無い銘柄だった。早速買って飲んでみたが、いまいち洗練されていない無骨な味といえる。Tolima県はクンディナマルカ県と接する南西に位置する。農業を中心とする県です。青瓶はSin AsucarでSpecialとなっている。
 アルコール度:オリジナル、青ラベル共に29度
 醸造:Fabrica de Licores Del Tolima

Tapa Roja-Tolima トリマ県

Tapa Roja Tapa RojaはTolima県の銘柄。
Tapa Rojaの新しい銘柄を見つけた。が、紙パックのものしか見たことが無い。本シリーズではハーフボトルでのコレクションだが、結局、紙パックのものを購入し掲載することにしました。
Tapa Roja ICE、アルコール度が24度とちょっと低め。料金は4,750ペソ(約250円)
 アルコール度:24度
 容量:250ml
 醸造:Fabrica de Licores Del Tolima

Quindiano-Quindio キンディオ県

Quindiano キンディオ県の"Quindiano Verde"です。今回、記事を書くにあたり探し出した銘柄の一つ。
この名前が”Quindiano Verde”とあるのがちょっと怖い。"Verde"(緑)以外にも他の色の種類があるのだろうか。ちょっと探してみます。
 アルコール度:29度
 醸造:Fabrica de Licores del Quindio de Coloma Ltda.

Extra del Caqueta - Caqueta カケタ県

Caqueta カケタ県の"Extra del Caqueta"です。まだ現物のボトルは入手していません。Bogotaで行われたFeria del Coloniaに出店されていましたが、まだ現物が届いていないとのことでした。
1997年にスペインで賞を取ったらしいです。味はまろやかでとても美味しかった。
何とか、入手目指して頑張ります。
 アルコール度: 度
 醸造:

Takana - Amazonas アマソナス県

Takana アマソナス県の"TAKANA"です。Leticiaへ旅行へ行って見つけました。前回に出張で行ったときも探したのですが、見つからず。今回は同じスーパーへ二度目に行ったときにありました。
なぜか、ペットボトルタイプ。これは機内持ち込みが出来るようにとの配慮でしょうか。
味はいまいちといった感じでしょうか。  アルコール度:30度
 醸造:Ind. Colombiana, Leticia, Amazonas

Superior - Santander サンタンデール県

Superior サンタンデール県の"Superior"です。友人がわざわざ買ってきてくれました。
ちょっと甘みが強い感じでしょうか。アニスの香りもしっかり効いています。独特の香りがあるので、好き嫌いは分かれるかもしれません。

 アルコール度:29度
 醸造:Productora de Licores Cava Aneja Ltda.

Doble Anis - Huila ウイラ県

Doble Anis ウイラの"Doble Anis"です。これも友人が買ってきてくれました。
やはり、アニスが2倍のようで独特の香りがあり、好き嫌いは激しい味かも知れません。アルコール度も高いです。
 アルコール度:30度
 醸造:Ind. de Licores Global S.A., LICORSA

Lider - Boyaca ボジャカ県

Superior クンディナマルカ県の直ぐ北にあるBoyaca県の"Lider"です。近くにありながらなかなか買うことが出来ませんでした。ドライブに行ったついでで買ってきました。
ちょっと甘みが強い感じでしょうか。アニスの香りもしっかり効いています。独特の香りがあるので、好き嫌いは分かれるかもしれません。

 アルコール度:30度
 醸造:Licores de Boyaca S.A.

Page Top