×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Mountain Diarry
南アルプス・北沢峠・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳
気まぐれ登山日記  <南アルプス・甲斐駒ヶ岳・仙丈岳>
一時帰国を利用して、南アルプスの甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳に行ってきました。
1年半ぶりの日本、里は秋ですが山は既に冬でした。
2007年10月29日〜10月31日 南ア・甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳
恵那市⇒戸台入口・仙流荘⇒北沢峠⇒長衛荘
今回は平日だったのと、秋も終わりの季節なので人も多くなく紅葉の森林と晩秋の山が堪能できた。特に南アルプスはその天然林がすばらしい。
今回は、夫婦二人で晩秋の南アルプスを楽しんできました。

10月29日(月曜日)
2006年の3月に北沢峠から甲斐駒ヶ岳を目指して敗退して以来の再挑戦になる。
今回はまだ、南アルプス林道バスが走っているので北沢峠まではこのバスを利用することにして、宿泊も長衛荘を利用することにしました。
朝、恵那を出発し高速を経由して戸台入口を通り仙流荘に到着する。これまでこの南アルプス林道バスの存在を知らなかった。
このバスは戸台から北沢峠を経由して山梨県側の広河原へ抜けていく。季節運行で今年は11月4日が最終日となる。
14時10分発のバスに乗り、1時間弱で北沢峠に到着した。途中、運転手さんが山なみや紅葉の様子をガイドしてくれた。
長衛荘は暖かな宿だった。もう紅葉の季節も終わりだが長衛荘では8名の宿泊客と一緒だった。
夜は満天の星が輝いていた。

2007年10月30日
仙流荘⇒双子山⇒駒津峰⇒仙水峠⇒長衛荘
10月30日(火曜日)
朝、5時に起床して前日にお願いをして作ってもらったお弁当を食べて、5:45に山荘を出発した。双児山を経由して駒津峰を通り甲斐駒ヶ岳へ向かった。
朝から抜けるような空が広がっていた。ヘッドランプを付けて歩き出したが直ぐに夜が明けた。双児山を越えたあたりから雪が出てきた。
駒津峰までは順調に進んだ。快晴の中、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、富士山など360度の大パノラマを堪能することが出来た。
駒津峰から六方岩を超えて摩利支天への巻き道を進んだ。ここは夏場でも歩きにくい道だが、ところどころ雪もついていてさらに歩きにくかった。摩利支天と駒ケ岳の分岐まで進んだところで、あまりにも天気が良かったせいで妻の高所恐怖症が出てしまった。
今回は、ここから引き返すことにした。
下山路は駒津峰から仙水峠経由の道を通った。この道がまた南アルプスの原生林や沢筋を堪能できる道でとても気持ちが良く大好きだ。途中でゆっくりとお茶を飲んだりしながら15時半に長衛荘に戻った。

2007年10月31日
仙流荘⇒小仙丈ヶ岳⇒長衛荘
10月31日(水曜日)
昨晩は、残念ながら大雨になってしまった。しかし、朝はしっかりと晴れ渡っていた。
長衛荘の有る2,030m付近では雨だったが、仙丈ケ岳の上の方は雪が降り20cm程の新雪が積もったようだ。
この日も5時に起床、お弁当を頂いて5時40分に出発した。順調に登って行ったが四合目を超えた付近から雪が出てくる。今回は簡易アイゼンしかもって来ていないし、妻はアイゼンの歩行訓練をしていないので雪の様子を見ながら安全に登れるところまでで引き返すことにする。
大滝頭を超えていくと深いところでは20cm位の新雪が積もっていた。森林限界を抜け、ハイ松帯を進むと目の前に小仙丈ケ岳が見えていた。
雪も新しく、キックステップでも十分に登れると判断して小仙丈ケ岳まで登ることにした。
小仙丈からは日本で1番、2番の山、富士山と北岳が仲良く並んで見ることが出来た。結局、ここから下山。
四合目でのんびりとお茶を沸かし、紅葉とアルプスの風景を堪能して下山した。二合目からはキャンプ場方面に抜ける道をとり、途中の展望場所から北岳の勇姿を眺めてきた。


長衛荘で昼食をとり、13時のバスで戸台へ下った。帰りは伊那市の羽広温泉の宿に宿泊した。露天風呂からは南アルプスが良く見えた。

体力度:★★★☆☆
筋肉痛:★★★★☆
温泉度:♪♪♪♪♪
満腹度:♪♪♪♪♪
お薦め度:★★★★★

     
甲斐駒ケ岳                   甲斐駒ヶ岳
     
仙丈ケ岳                    富士と北岳

10月29日09:50恵那発12:43仙流荘着
14:10仙流荘発15:08長衛荘着
10月30日05:45長衛荘発07:41双児山着
08:57駒津峰着10:30摩利支天分岐着(下山決定)
11:46駒津峰着13:50仙水峠着
14:25仙水小屋着14:55同発
15:23北沢駒仙小屋着15:35長衛荘着
10月31日05:40長衛荘発05:57一合目着
06:14二合目着06:48三合目着
07:24大滝頭着08:48小仙丈ヶ岳着
09:00下山開始09:47大滝頭着
11:09二合目分岐着11:37林道出合着
11:39長衛荘着13:00長衛荘発
14:05仙流荘着16:00羽広温泉着
Topへ戻る